2011年05月01日

季節のトリビア-5月@

5月1週目は「5月に関するトリビア」をご紹介致します。
今回は5月のイベントについてご紹介致します。

5月最初のイベントと言えば、5月5日のこどもの日(端午の節句)です。
ご家庭のベランダや庭先を始め、川に鯉のぼりを渡している地域も見かけますよね。
そこで今回は「こどもの日」の由来についてご紹介致します。


*端午の節句の起源
古代中国からの風習が起源と言われています。
「端午(たんご)」=「月の初めの午(うま)の日」を指していて
現在の様に5月に限った行事の事ではありませんでした。
●「五月」が十二支で言う「牛(うし)の月」であること
●「牛(ご)の日」が「五の日」に通じること
●奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)の日」でもあること
などから「午の月の端の牛の日」=「端午と言えば5月5日」を示すようになりました。

季節的に雨季を迎えるので病気や災厄のお祓いは大切な行事でした。
この季節に盛りを迎える植物で、香りが邪気を祓うとされている
菖蒲(しょうぶ)を使った菖蒲湯(しょうぶゆ)に浸かったり
蓬(よもぎ)で作った人形(ひとがた)を軒に飾ったりして邪気祓いをしていました。

*宮中から武家社会への拡がり
中国から伝わった厄祓い行事が、平安時代に「端午の節会(せちえ)」という宮中行事になり
やがて鎌倉時代には武家社会へと拡がって行きました。
武士は「菖蒲(しょうぶ)=尚武(しょうぶ)=武を尊ぶ」と掛け合わせ
5月5日を尚武の節目の行事として盛んに祝うようになります。

*庶民への拡がり
江戸時代になると、幕府が5月5日を重要な日として定め
大名や旗本が式服でお祝い品を携えて江戸城に出向くようになります。
当時は、男児の誕生が大変おめでたい事とされていたため
武家に男の子が生まれると門前に馬印(うましるし)幟(のぼり)を立てて
男児誕生を周囲に知らせてお祝いをしました。

これらの風習が、やがて裕福な家庭から庶民へと拡がります。
庶民は幟旗を立てる事が許されていなかったため鯉のぼりをあげるようになります。
やがて庶民は、鯉のぼりに加えて紙の兜(かぶと)や人形を作るようになり
武者人形などに発展していきました。

*子供の成長を願う「こどもの日」へ
男の子の厄祓いや成長を願う行事として定着していった端午の節句は
昭和23年に男女の別無く子供の成長を願う「こどもの日」として法律で定められました。


ゆうゆうと泳ぐ鯉のぼりのように、お子様の健やな成長をお祈り致します!!


次回も「5月に関するトリビア」をご紹介致します。


素敵な休日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のトリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

季節のトリビア-4月B

4月1週目は「4月に関するトリビア」をご紹介しております。
今回は4月のイベントについてご紹介致します。

桃・桜・菜の花・モクレン等、様々なお花が咲き誇りました。
本日は雨模様ですが、週末にお花見をご予定している方もいらっしゃると思います。

お花見といえば桜の花を愛でながら宴を催す行事として定着しています。
日本人はいつ位から桜の花を愛でてきたのでしょうか?
そこで今回は「お花見の歴史」を少し紐解いてご紹介致します。


*農村のお花見
その昔、農村部では春になると神様が山から降りて来て
桜の木に宿ると考えられていました。
開花の時期を見て米の種もみをまく準備をする目安にしたり
花の咲き方で米の収穫量を占ったりしていました。
桜の下で宴を催して稲や田の神様をもてなすという行事がお花見でした。


*貴族のお花見
約1300年前(奈良時代)の日本では中国の文化を見習って
梅を愛でるお花見が主流でした。
約1200年前(平安時代)になると文化に日本らしさを求めるようになり
古来から日本にある桜が注目されるようになりました。
その後、貴族の間で庭に桜を植えて楽しむ文化が定着しました。
時を経て、武士の間でもお花見が催されるようになり
江戸時代になると春の行楽として庶民の間に広がっていきました。


現在では行楽としての「お花見」が主流ですが、
神様を迎える行事としてのお花見も花を愛でる風流な行事としてのお花見も
どちらも大切にしたい日本の文化ですね。


次回からは「クロス」をご紹介致します。
今月のカラーは「ピンク」です。


素敵な週末をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のトリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

季節のトリビア-4月A

4月1週目は「4月に関するトリビアA」をご紹介しております。
今回は4月のイベントについてご紹介致します。


4月始めのイベントと言えば「入学式」ですね。
明日が入学式という学校がほとんどではないでしょうか。

そこで今回は「入学式」に関するトリビアをご紹介致します。


日本では、桜の花が咲く4月の行事として考えられています。
しかし、諸外国では様々な文化によって事情が異なります。
4月に新しい年度を始めるのは日本独特の文化なのです。

*日本で4月入学になったのは…
そもそも江戸時代の日本では特に入学の時期の定めが無く
寺子屋・私塾・藩校などに随時入学ができました。
明治時代になって西洋の教育文化が取り入れられて9月入学が主流となりました。
しかし、政府の会計年度が4月-3月になったことや政策の影響で
小学校で4月入学が推奨されるようになりました。
その後、順を追って各学校・地方の私学などにも拡がっていったのです。

*諸外国の入学時期は…
欧米では一般的に農繁期の終わる9月(夏休み明け)の行事となっています。
季節の反転するオーストラリアでは1月末になります。
また、スウェーデンでは7歳になった日から小学校に通う事になっており
制度上「入学式」が行えません。北欧やニュージーランド等でも
国の制度上「入学式」という行事がありません。
常夏に位置するシンガポールは1月始まりタイでは5月始まり
乾季や雨季の一番長い休み明けに入学シーズンを迎えます。
※国の中でも州によって異なったり、学校によって異なる場合があります。

*入学式について
日本で「入学式」と言えば、学校行事の中でも儀式的な行事です。
整然と並んで校長先生のお話を静かに聞く…といった様に
きちんとした「儀式」のイメージがありますよね。
しかし、これもまた入学の時期と同様、国によって異なります。

そもそもオーストラリアでは入学式が行われません
初登校日にクラス分けを確認したら親が子供を教室に送る、という
とてもシンプルな流れになっています。
イギリスでも入学式が行われず、5歳の誕生日前に最寄りの学校へ出向き
校長先生に会って入学手続きをします。
アメリカの入学式では、テーブルの上にジュースやチョコレート等が並び
コーヒーサーバー等も準備されてまさにパーティの雰囲気で行われます。
ドイツでは、日本と同じように校長先生のお話や
上級生からの入学歓迎披露等が入学式で行われます。


日本では「4月=入学式」という概念が定着していますが、
諸外国では必ずしもそうではなく、また「入学式を行わない」
といった多様性がとても面白いですね。


次回も「4月に関するトリビア」をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のトリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。