2010年07月09日

夏のヘルスケア@-3

今週は「夏のスキンケア」についてです。


今回は…
うっかり日焼けをしてしまった…
『日焼け後のケア』をご紹介致します。

うっかり日焼けしてしまった…
気づいたら焼けてた…
という事ってありますよね。
日焼け後はケアするかしないかで随分違います。
しっかりケアして肌を労りましょう。


日焼け後のケアは
@冷やす
A水分補給する

この2つでだいぶ違います。

@冷す 
なるべく早いうちに濡れタオルなどで日焼けした部分を冷やしましょう。
 冷やす事で、日焼けのダメージを最小現に抑えられ、痛みを和らげることができます

A水分補給
 日焼け後の肌は、細胞が傷つき水分をキープする力が失われた状態でとても乾燥しています
 保湿成分の入った化粧水等をたっぷり使ってしっかり水分補給させてあげましょう。
 その後、クリームやオイルを塗って水分の蒸発を防ぎましょう

その他に、アロマを取り入れたケアもオススメです。
日焼けの時にオススメなのは『ラベンダー』
ラベンダーには、抗炎症作用、細胞成長促進作用があります。
また、美白効果のある『ローズ』や、殺菌・消毒効果のある『ミント』をブレンドしてもいいですね。

オイル.jpg使い方は、冷湿布がオススメです。
@水をはった洗面器に精油を数滴垂らして、かき混ぜます。
Aそこに、タオルを浸して絞り患部に当てます。


ぺバーミントを入れるとすーっとしてきもちいいですよ。

日焼けした肌が本の状態に戻るには数週間かかります。
新しい皮膚は、薄くて敏感ですのでこの間は日焼けしないように注意しましょう

※水ぶくれになってしまった重度の日焼けの場合は、皮膚科で専門的な処置をしてもらいましょう。


来週は…
『ヘルシーなフレッシュジュース』をご紹介致します。



素敵な週末をお過ごしください。



お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif


ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ


 
posted by アイスタイル at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

夏のヘルスケア@-2

今週は「夏のスキンケア」についてです。


今回は…
紫外線から肌を守る
『日焼け止めの正しい使い方』をご紹介致します。

夏に気になるおは、やはり日焼けですね。
紫外線はシミ・シワ・タルミ等の肌老化の原因になる物です。
日焼け止めを付けていたのに、焼けてしまったという経験はありませんか?
正しい使い方をしてしっかり対策しましょう。

日焼け止めを使用する時に大切なのは、
・塗る量
・塗り方
・塗る回数
 です。


・塗る量
 日焼け止めに表示されているSPFやPAの値は、肌1平方pあたりに2rを塗った時の効果です。
 半分の量しか塗らないと、防止効果は表示の約1/3まで落ちてしまいます。
 目安としては…
 顔→1円玉大の2個分
 腕→縦に2、3本
 足→縦に3、4本
 と以外に多いです。
 必ずしも規定通りに塗る必要はありませんが、あまり薄めに塗らないようにしましょう


・塗り方
 とにかくムラにならないようにする事です。
 ムラができると、そのムラから紫外線を通してしまいます。
 紫外線が当たりやすい鼻や目の下、頬の部分はしっかり塗りましょう。


・塗る回数
 日焼け止めの弱点は「汗に弱い事」です。
 ウォータープルーフでも、こすれて落ちてしまいます。
 また、筋肉の動きでもムラになってしまいますので、何度か塗り替えるようにしましょう
 理想は2〜3時間毎に塗り直す事ですが、特にタオルで汗を拭いた後は塗り直すようにしましょう。


海.jpg 「朝塗ったから大丈夫…」と思っているといつの間にか焼けてしまいます。
正しく使ってしっかり予防しましょう。

日焼け止めは汗や皮脂に弱いので、
塗り直す際にはしっかり拭きとってから塗り直すようにしましょう。

乾燥している肌はダメージを受けやすい危険な状態です。
乾燥している肌に日焼け止めを塗る時は、肌にしっかり水分を補給してから塗るようにしましょう。

また、「SPF50+」等の強い日焼け止めやウォータープルーフタイプはせっけんでは落ちにくく、きちんと落とさないと目に見えない膜が蓄積してしまいます。
クレンジング剤が必要な物は専用のクレンジング剤を使用してきちんと落とすようにしてください。
日焼け止めはSPFやPAが高ければいいとういわけではありません。
効果の高い物はそれだけ、肌への負担も大きくなります。
日常使う物ならせっけんで落ちる程度の日焼け止めを使用する事をオススメします。
用途に応じて使い分けてくださいね。


次回は…
*うっかり日焼けをしてしまった…
『日焼け後のケア』をご紹介致します。



素敵な1日をお過ごしください。



お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif


ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ




 




posted by アイスタイル at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

夏のヘルスケア@-1

7月のテーマは『夏のヘルスケア』です。


いよいよ2010年も後半ですね。
7月は入りこれから、本格的な夏がやってきます!!
夏は、アウトドアスポーツやマリーンスポーツ等が楽しめる
1年でもアクティブに動ける貴重な時季ですね。
その反面、熱中症や夏バテ等夏特有のトラブルも起こる時季です。
今月は、そんな夏を健康的に過ごすヒントをご紹介致します。


今週は「スキンケア」についてです。
夏は「皮膚ガン」の原因にもなると言われている紫外線の多い時季です。
正しいスキンケアをして肌トラブルを防ぎましょう!!


お肌の状態は体調や気候等の影響を受けて変わります。
夏のスキンケアといえば、やはり「紫外線対策」です。
紫外線は、シミ・ソバカス・シワ等の肌の老化現象を引き起こします。
しっかり対策をしてお肌を守りましょう!!

また、日本の夏は高温多湿で、身体も皮膚も体調を崩しやすくなります。
部分的なお肌の悩みが色々と出てくる時季です。
夏は冬に比べて、気温が高いので皮脂や汗の量が増えお肌が脂っこくなり、化粧崩れしやすくなります。
皮脂や化粧が残っていると、それが原因でニキビや吹き出物ができてしましますので、過剰な皮脂を落としてお肌を清潔に保ちましょう。


洗顔や日焼け止めの使い方等、正しい方法は知っていても
いつの間にか"自分流"になってしまっていたりしませんか?

今週は、今年の夏にぜひ実践して頂きたい3つのスキンケアの基本を
ご紹介致します。

*スキンケアの基本
『洗顔』
*紫外線から肌を守る
『日焼け止めの正しい使い方』
*うっかり日焼けをしてしまった…
『日焼け後のケア』



今回は…
*スキンケアの基本
『洗顔』です。


顔を洗うという行為は想像以上に肌に負担をかけてしまいます。
正しい洗顔をして夏の肌を清潔に保ちましょう。
下記手順に沿って丁寧に洗顔してみてください。


@顔を洗う前に準備しましょう。
 髪が顔にかからないようにしておきましょう。
 また、手が汚れていると雑菌や汚れをそのまま顔に移してしまう
ことになります。
 しっかりと手を洗っておきましょう。

A素洗いしましょう。
 乾いた肌に直接洗顔料を付ける事は肌へは負担となります。
 ぬるま湯で顔をしめらせておきましょう。

Bクリーミーな泡を作りましょう。
 泡立てネット等を活用してきめ細やかな泡を作りましょう。
 ポイントは、ぬるま湯を加えながら空気が入るように
 こすり合わせる事です。

C泡で優しく洗いましょう。
 力を入れてこするのはNGです。
 シミやシワ等の原因になってしまします。
 泡を顔に軽く押し付ける感じで優しく汚れに馴染ませましょう。
 泡を乗せる順番は皮脂の多い箇所から
 Tゾーン → Uゾーン(ほほやあご) → 目元と口元
 の順番で馴染ませましょう。

Dすずぎは素早く念入りにしましょう。
 ぬるま湯でしっかり泡を落としましょう。
 汚れが落ちているのに泡をのせたままだと、
 逆に毛穴の奥に洗顔料が残ってしまう事があります。
 顔に泡をのせてから30秒くらいですすぎ始めましょう。

Fやさしく拭きましょう。
 こするのはNGです。
 肌を軽くおさえながら拭きとっていきましょう。

G洗顔後は保湿をしましょう。
 肌が乾いてしまう前に水分を補給しましょう。
 時間が空くと浸透しにくくなってしまいますので、手早く保湿してください。


洗面.jpgお肌を清潔に保つ事によって、吹き出物等のトラブルを避ける事ができます。
スキンケアの基本である洗顔をマスターして美肌を目指しましょう。

この時季は、洗顔前にクレンジングオイルで軽くパックをするのもオススメですよ。
方法は、クレンジングオイル(多目)を顔に馴染ませ、そのまま2分程度置きます。
その後、リンパの流れにそってマッサージして洗い流します。
顔の汚れを落としてくれるので、すっきりしますよ。


次回は…
*紫外線から肌を守る
『日焼け止めの正しい使い方』をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。



お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif


ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ











posted by アイスタイル at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。