2011年03月24日

レシピ-春野菜B

今月は「春野菜を使ったレシピ」をご紹介しております。


もうすぐ4月になりますね。
入学祝いの食卓に何を並べようかな…
お花見の時にはお弁当箱に何を詰めようかな…などと
考えを巡らせておられる方もいらっしゃることと思います。
そこで今回は、春野菜を使って食卓やお弁当箱を彩る一品として
「さやえんどう(絹さや)と梅干しを使った混ぜご飯」をご紹介致します。


*絹さやとちぎり梅の混ぜご飯*
絹さやとちぎり梅の混ぜご飯-1.jpg 【材料】
 炊きたてのごはん…360g
 *酢飯用合わせ酢*
 米酢…大さじ1と1/2
 コンソメ…小さじ1
 砂糖…小さじ1/2

 絹さや…50g
 梅干し…大きめ2個
 卵…1個
 塩…小さじ1/3
 サラダ油…大さじ1/2
 ちりめんじゃこ…10g
 白炒りごま…大さじ1
 菜の花(飾り用)…お好みで

 *お米1合分を炊くと約360gに炊きあがります




【作り方】
@酢飯を作る…合わせ酢(米酢・コンソメ・砂糖)の材料を混ぜ合わせて
炊きたてのごはんに回しかける。
●ごはんを混ぜる時はしゃもじで切るようにする。

A具材の下準備
炒り卵…卵に塩を加えて割りほぐし、フライパンにサラダ油を熱して炒り卵を作る。
絹さや…洗ってすじを取り、電子レンジに約30秒かけて斜め細切りにする。
梅干し…種を取って好みの大きさにちぎる。

B酢飯に炒り卵・絹さや・梅干し・ちりめんじゃこ・白ごまをさっくりと混ぜ合わせて器に盛る。
●ごはんを混ぜる時はしゃもじで切るようにする。

Cゆでた菜の花などをお好みで飾る。


次回も「春野菜を使ったレシピ」をご紹介致します。


素敵な週末をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

レシピ-春野菜A

今月は「春野菜」を使ったレシピをご紹介致します。

店頭に並ぶ雑貨やお洋服などはもうすっかり春の趣ですね。
今回は春野菜を使って見た目と味で食卓に春をもたらすサラダを2種類ご紹介致します。


*菜の花と新じゃがいものミモザ*
菜の花と新じゃがのミモザ-1.jpg 【材料】
 菜の花…1束
 卵…1個
 新じゃがいも…中1個
 *ドレッシング*
 粒マスタード…大さじ1
 はちみつ…大さじ1
 酢…大さじ1
 塩…小さじ1/4
 こしょう…少々
 オリーブオイル…大さじ3










【作り方】
@固ゆで卵をつくる…卵は水から火にかけて沸騰後13分で火を止める。

A菜の花をゆでる…菜の花は根元約1センチを切り落として茎の部分に縦に切り込みを入れる。
菜の花が大きい場合は花と茎の部分を切り分けて茎の部分だけ切り込みを入れる。
塩を少々(分量外)入れたお湯で約1分ゆでてザルにあげる。
*ポイント*茎に切り込みを入れることで均一にゆであがり、ドレッシングも絡みやすくなる。

B新じゃがいもをゆでる…新じゃがいもはラップに包んで
電子レンジで3〜4分加熱して、皮を付けたままくし切りにする。

Cハニーマスタードドレッシングを作る…ボウルに粒マスタード・
はちみつ・酢・塩・こしょう・オリーブオイルを入れて混ぜる。

Dゆで卵を細かく刻む。(大きさはお好みで)

Eドレッシングに菜の花と新じゃがいもを加えて和える。

Fお皿に菜の花と新じゃがいもを盛り付けて刻んだゆで卵を振りかける。


*春キャベツの梅ドレッシング*
春キャベツの梅ドレッシング-1.jpg 【材料】
 キャベツ…160g
 梅干し…大2個
 塩…少々
 *ドレッシング*
 サラダ油…大さじ2
 酢…大さじ1/2
 しょうゆ…小さじ1
 練りワサビ…少々













【作り方】
@キャベツをゆでる…キャベツは一口大に切っり、たっぷりのお湯を沸かして塩ゆでする。
冷水に取ってザルにあげ、水気を切っておく。
*ポイント*キャベツは少し歯ごたえが残るくらいにゆであげる。

Aドレッシングを作る…梅干しの種を取り除いて包丁で細かくたたく。
ボウルにサラダ油・酢・しょうゆ・練りワサビを入れて梅干しと混ぜる。

Bゆでたキャベツを加えて和える。

次回も「春野菜を使ったレシピ」をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

春野菜@

今回からは「レシピ」をご紹介致します。

今月は「春野菜」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

春キャベツ・新じゃがいも・新タマネギ・アスパラガス・菜の花…
店頭には春野菜が揃ってきましたね。

春野菜と言えば、独特の風味や旨味が特徴です。
この風味を苦手に感じている方、あるいはこの風味がたまらないと思っている方、
それぞれいらっしゃると思います。
以前にもご紹介致しましたが、春野菜の持つ独特の風味は
冬に溜まった毒素を取り除いてくれるデトックス効果があります。
また、精神を落ち着かせてくれる効果もあります。

旬の食材は味も栄養素も一番高い時期ですので
積極的に食卓に並べて季節感と共に取り入れたいですね。


以前代表的な7種の春野菜についてご紹介しております。
《以前ご紹介した7種はこちら》
●菜の花 ●春キャベツ ●筍(たけのこ) ●新たまねぎ
●新じゃがいも ●そら豆   ●アスパラガス

次回から2回に渡って
●菜の花 ●新じゃがいも ●春キャベツ ●さやえんどう(絹さや)
を使ったレシピをご紹介致します。

今回は以前ご紹介していない
さやえんどう(絹さや)」についてご紹介致します。

●さやえんどう(絹さや)
さやえんどう(絹さや)は長さが5〜6センチメートルのうちに収穫して
実が入ったままの状態で食べる食材です。
品種や地域よって出荷時期が多少異なりますが
一般的に3月〜6月ごろが旬の野菜です。

*さやえんどう(絹さや)の栄養素*
さやえんどう(絹さや)は他の豆類に比べてビタミン類が豊富です。
免疫効果の高いビタミンC老化の抑制に効果的なカロテン
エネルギー代謝や疲労回復に効果的なビタミンB郡
整腸効果の期待できる食物繊維などを豊富に含んでいます。
また、うま味成分グルタミン酸を非常に多く含んでいます。
グルタミン酸には脳や神経の機能を活性化させる効果もあるのです。

*選び方*
・全体的に緑色が鮮やかで、さやにハリとツヤがある物
・ひげが白くピンとした物
・豆が極力小さくて板のように薄い物

上記のような物を選びましょう。

*保存方法*
乾燥しないようにキッチンペーパーなどで包んでからビニール袋に入れ
冷蔵庫の野菜室(5〜10度)で保存します。
1〜2日が目安ですので、なるべく早く食べきりましょう。


次回は「春野菜を使ったレシピ」をご紹介致します。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。