2011年05月13日

レシピ-そら豆B

今月は「そら豆」を使ったレシピをご紹介しております。


今回は「そら豆のサラダ」をご紹介致します。

*そら豆のサラダ*
Aそら豆のサラダ.jpg 【材料(2人分)】
 そら豆…16〜18粒
 じゃがいも…中1個
 イタリアンパセリ…お好みで(飾り用)
 *A*
 固ゆで卵…1個
 マヨネーズ…大さじ1
 粒マスタード…大さじ1/2
 プレーンヨーグルト…大さじ1/2
 生クリーム…大さじ1/2
 アンチョビペースト…小さじ2/3
 塩こしょう…少々













【作り方】
@そら豆は莢(さや)から取りだし、たっぷりのお湯で3〜4分塩ゆでする。

Aじゃがいもは皮をむいて乱切りにしてゆでる。
 熱いうちにつぶしてマッシュポテトにしておく。

B固ゆで卵は粗く包丁で刻んで、他のAの材料と混ぜておく。

C飾り用のそら豆を6粒くらい残しておき、残りを1/4位の大きさに刻んでおく。

Dマッシュポテトに刻んだそら豆とAを混ぜ合わせて器に盛る。
 残しておいたそら豆とイタリアンパセリを飾る。

*アンチョビの塩分がありますので様子を見ながら塩こしょうを加えてください
*アンチョビがお好みで無い方は、量を控えてみてください


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レシピ-そら豆A

今月は「そら豆」を使ったレシピをご紹介致します。

そら豆と言えばやはり、ホコホコの食感が魅力的ですよね。
そこで今回は、ホコホコ感が味える「そら豆の定番レシピ」をご紹介致します。


*焼きそら豆*
@焼きそら豆.jpg 













【材料】
そら豆(さやを含む)…70g
*A*
粉チーズ…大さじ1/2
オリーブオイル…大さじ1
塩…お好みで








【作り方】
@そら豆を焼く…莢(さや)ごとオーブントースターで約8分
 皮に焦げ目がつくまで焼く。

A莢(さや)をむいたそら豆を器に盛って、混ぜたAをつけて頂く。


*そら豆の皮をむくポイント*
@そら豆.jpg

















そら豆の黒い部分を取る(写真の黒い部分の下側から取る)。
この部分を取っておくと、キレイにむきやすくなりますよ。


次回も「そら豆を使ったレシピ」をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レシピ-そら豆@

今回からは「レシピ」をご紹介致します。


今月は「そら豆」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

初夏を迎え、店頭に並ぶ「そら豆」が青々と主張しています。
さっと茹でてホクホクの食感と甘みを楽しみにされる方も多いと思います。


●そら豆
きれいなグリーンのふっくらした莢(さや)の中にすべすべの実が入ったそら豆は
莢(さや)が上を向いて実ることから「空豆」と言われています。
また、蚕(かいこ)の繭(まゆ)のような莢(さや)の形状から「蚕豆」とも書きます。
現在は1年を通して食べる事ができますが5月〜6月が旬の食材です。

*そら豆の栄養素*
豆類特有の栄養素である炭水化物とタンパク質が豊富です。
ビタミンB1・B2・Cやカリウム・カルシウム・食物繊維を豊富に含むため
疲労回復や胃腸の働きを整える整腸作用美肌効果もあるとされています。

*選び方*
・莢(さや)付の物(さやから出ると水分が蒸発します)
・全体的に緑色が鮮やかで、さやにふっくらハリとツヤがある物
・莢(さや)の背筋の部分が茶色い物は避ける
上記のような物を選びましょう。

*保存方法*
ビニール袋等に入れて風が当らないようにして
乾燥を防いでから冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
鮮度が落ちるのが大変早い食材です。
買ったら早めに使いきるのが一番です。


次回は「そら豆を使ったレシピ」をご紹介致します。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。