2010年09月21日

秋/冬のインテリアB-3

今週は「アロマ」です。


今回は
アロマオイルの使い方」をご紹介致します。

アロマオイルの使用方法を数パターンご紹介致します。
ご自分に合った使用方法で楽しんでくださいね。


*ティッシュペーパーやハンカチに精油を落とす
 テッシュペーパーやハンカチに直接精油を落として、枕元や机の上に置きます。
 とってもお手軽な方法で、外出先でも持ち歩いて楽しめます。
 精油の量は2滴までにしてください。

*重曹に精油を混ぜる
 容器に入れた重曹に混ぜます。
 芳香剤として使え、重曹が消臭もしてくれます
 
*アロマバス
 バスタブに精油を数滴落とします。
 香りも楽しめますし、アロマオイルの成分を肌に浸透させることもできます。
 天然塩などに混ぜる入れると、発刊も促されるのでオススメです。
 入れる目安は5滴までとしてください。

*手浴/足浴
 大きめの洗面器などに、お湯をはって精油を落とします。
 よくかき混ぜてから、手首/足首を浸します。
 気分転換や、入浴できない時にオススメです。
 入れる目安は3滴までとしてください。

*アロマポット/アロマライト 
 キャンドルで精油を温めるのが「アロマポット」
 電気式なのが「アロマライト」です。
 両法とも上皿にお水を7分目まではって、そこに精油を落とします。
 上皿にお水をはらないと、使用できませんのでご注意ください
 早く香りを広げたい時には、お水ではなくお湯を使用しましょう。

*アロマディフューザー 
 超音波振動で、アロマオイルを高濃度のまま拡散させます。
 熱を使わないので、アロマオイルの成分が変質せず、
 粒子も細かくなるので、身体への有効成分の吸収もUPします。
 また、ディフーザーはミストも出ますので、お部屋の空気も潤いますね。

DSCN3138-1.jpg 頭をすっきりさせたい朝には「ペパーミント」、
 リラックスしたい時には「ラベンダー」、
 元気を出したい時には「オレンジ」等、
 気分や体調にピッタリの香りや使用方法を
 選んでくださいね。
 これからの季節は、アロマバスや手浴、足浴などが
 オススメです。
 また、空気が乾燥しますので、アロマディフューザーもいい
 ですね。

 アロマを使って、リラックス空間をぜひレベルアップさせてください!!


次回からは…
秋/冬にオススメなインテリア小物」についてです。



素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif



ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ




 





  




 

posted by アイスタイル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

秋/冬のインテリアB-2

今週は「アロマ」です。


今回は
アロマオイルの種類と効果」をご紹介致します。 


今回は効果別に4種類のオイルをご紹介致します。


*リラックスしたい時にオススメ。
 ラベンダー
 
 
 学名: Lavandula angustifolia
 科名: シソ科

 ウッディーかつフローラルな香りです。
 「リラックス」で有名な、アロマテラピーの代表的なオイルです
 イライラを解消してリラックスさせてくれる効果の他に、鎮痛作用もあるのでスッキリ、
 おだやかな気分にしてくれます。
 また、殺菌・消毒作用にも優れており、虫除けの効果もあります。
 万能なハーブとして昔から名高いオイルです

 ●こんな時にオススメです●
 ・気持ちを落ち着けたいとき
 ・リラックスしたいとき
 ・イライラしているとき
 ・仕事で疲れたとき
 ・グッスリ眠りたい夜に



*リフレッシュしたい時にオススメ。
 ペパーミント
 
 学名: Mentha piperita
 科名: シソ科
 
 鋭いメントールの香りが、心とからだをクールダウンしてくれます。
 ミントには多くの種類があり、香りも微妙に異なりますが、もっともポピュラーなのが、
 このペパーミントです。
 疲れを癒し、頭がスッキリさせてくれます。
 疲労回復効果もありますので、心や身体をリセットしたい時にオススメです
 眠気を取り去ってくれる清涼感のある香りですので、
 長時間のドライブや飛行機での旅行などにもオススメです。
 その他、殺菌・消毒効果もあります。

 ●こんな時にオススメです●
 ・気分をスッキリさせたいとき
 ・仕事の能率があがらないとき
 ・長時間のドライブに



*明るい気分になりたい時にオススメ。
 オレンジ
 
 学名: Citrus sinensis
 科名: ミカン科
 
 柑橘の心地良い、リフレッシュさせる香りが心を明るくしてくます。
 ビタミンCなどの栄養をたっぷり含んだオレンジは人のこころにも栄養を与えてくれます。
 とてもあたたかみのある精油で、リラックスとリフレッシュの両方に利用できます
 憂鬱な気分を明るくしてくれ、気分転換したい時にオススメです。

 ●こんな時にオススメ●
 ・気持ちが落ち込んだとき
 ・やる気のおきないとき
 ・リフレッシュしたいとき
 ・こころを明るくしたいとき
 ・グッスリと眠りたい夜



*殺菌効果で風邪予防にオススメ。
 ユーカリ
 
 学名: Eucalyptus globulus
 科名: フトモモ科

 スッキリしたクリアな香りです。
 殺菌力が強力な事でも有名なオイルです。
 ユーカリの殺菌力は超強力です。 
 お部屋の空気の洗浄効果的で、風邪予防(抗ウィルス作用)に有効です。 
 特に呼吸器系のトラブル(ぜんそく等)を緩和する働きがあります。
 鼻やのどがスッキリする香りなので、冬場や春先の季節に大活躍します。
 また、鋭いシャープな香りですので、頭がスッキリして集中力を高めてくれます。

 ●こな時にオススメ●
 ・頭をクリアにしたいとき
 ・集中したいとき
 ・冬場や春先の季節に



アロマオイル.jpg 今回ご紹介したオイルは、わりと有名なオイルです。
 この他にも、たくさんの種類のオイルがあります。

 どの香りにしようか迷った時には、目的別に効果で選んで
 みてください。

 香りにどのような効果があっても、
 嫌いな香りではその効果が出ないことがあると言われて
 います。
 また、同じ香りでも人によって効果は変わりますので、
 自分の好きな香りを選んでくださいね。
 

 ぜひ、お気に入りの香りを見つけてください。


次回は、
アロマオイルの使い方」をご紹介致します。 


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif



ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ


 
  





  
posted by アイスタイル at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

秋/冬のインテリアB-1

今回からは「アロマ」です。


インテリアとは違うのですが、
癒しの空間にはかかせない「アロマ」をご紹介致します。


今回は「アロマセラピーの基礎知識」をご紹介致します。

アロマセラピーとは、
ハーブや果実などの植物が持つ香りの成分を利用して、
心と身体の健康に役立てる事です。
植物には香りだけでなく、人と心と身体のバランスを整え、正しい方向へ導く力があります。
その植物の力を利用していこうというのが、アロマセラピーの考え方です。

アロマセラピーは精油と呼ばれる物を利用します。
精油とは、ハーブや果実などから抽出された100%天然の揮発性のオイルの事です。
オイルには、ローズやラベンダー、レモン、グレープフルーツ等様々な種類があり、
それぞれに効果があります
香りをブレンドする事によって、自分だけの香りを作る事ができます。
また、そうする事によって相乗効果も生まれます。

rose.jpg 精油の利用方法ですが、
 芳香浴、沐浴、吸入、湿布、トリートメント等が
 ありますが、もっとも簡単なのは芳香浴です。


 オイルウォーマーやアロマポットがなくても、
 精油を1,2滴コットンなどにたらしてお部屋や
 枕元に置くだけでOKです。
 精油は揮発性なので、空気に触れると蒸発して
 成分が空気中に漂います。
 香りはかすかに感じる程度の方がより効果的と
 言われていますので、つけ過ぎないように
 しましょう
 


 精油が身体に入る経路は大きく分けて3種類あると言われています。
 @鼻から嗅細胞を通してホルモンや免疫系の分泌を促す大脳辺縁系へ
 A鼻から吸い込むことによって肺へ、そして血液によって身体の各器官・組織へ
 B皮膚から毛細血管に吸収され、体の各器官・組織へ
 

 このようにして私達の身体へ取り込まれ、効果を発揮します。

精油の有効成分は、肉体面・精神面のどちらにも働きかけるという魅力があります
上手に使って、心身共にリラックスできる空間を作りましょう。


次回は、
アロマオイルの種類と効果」をご紹介致します。 


素敵な週末をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif



ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ

 
 





posted by アイスタイル at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。