2011年05月27日

花のある暮らし-@

今回は、『プリザーブドフラワー』についてご紹介します。



皆さん、『プリザーブドフラワー』をご存じですか?
生花でもドライフラワーでもなく、限りなく生の花に近い質感をもったお花です。


何といっても、水やり不要!そして太陽にあてるなどの生花特有の(面倒な)お手入れが要らないので、最近は贈り物に人気が高まっております。


しかし、置いておけば良いというものでもないのです。
キレイな状態でより長持ちをさせたいですよね。
保管状態によっては、5年間も楽しめるそうです!プリザーブドフラワーに適した環境を保ってあげましょう。



実は、プリザーブドフラワーは、湿気と高温が大敵です!
湿度30〜50%、温度18度〜22度が最適な環境といわれております。人間と同じですね。


これからの梅雨時期のジメジメがプリザーブドフラワーの美しさを損なう原因となります。
そこで、以下の2点にご注意ください↓


1.スポットライトを浴びる場所や明るい窓際は避けて置く。 
※窓や照明から離れた場所にあるキャビネットやカップボードがおすすめです※


2.市販されている衣類の除湿剤、お菓子など食品パッケージに入っている乾燥剤を一緒に置く。



これからの季節ウエディングブーケやオフィスにお見舞いの花にと、贈り物でプリザーブドフラワーを贈られる際は、上記の注意点を添えられるとより長く楽しんでいただけるかもしれませんね。



CA3H00970001.jpg



素敵な一日をお過ごしください。



お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
【関連する記事】
posted by アイスタイル at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。