2011年03月13日

防災対策-@

この度の東北地方太平洋沖地震に被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

==========================

今回からは「レシピ」をご紹介する予定としておりましたが、
予定を変更して以前にもご紹介させて頂いた防災対策(以前の記事はこちら)についてご紹介致します。

いつ何時起こるかわからないのが災害です。
状況によって実際に取る行動は異なってくると思いますが、
落ち着いて行動を取ることで難を逃れられる可能性もあります。
ご自身やご家族の身を守るためにも、事前確認と心構えをしておきましょう。

今回は『避難場所』『連絡方法』について改めてご紹介させて頂きます。


・避難場所
家族がバラバラの時に備えて、連絡方法・合流場所・合流方法を決めましょう。
また、家族が一緒の時に備えて、避難場所と道順の確認、役割の分担を決めておき
ましょう。
対策は第2候補まであると、あらゆる状況に対応できます。
第2候補まで決めておくようにしましょう。

各避難場所などは各市町村のホームページなどに記載があります。
 広島市の避難場所などについてはこちら

 近隣避難場所…災害発生時直後に緊急に避難する近隣の公園・広場などの広くて安全な場所です。

 生活避難場所…家屋の倒壊などにより自宅で生活できない場合に一時的に生活を送る場所です。
  小学校・中学校・高校などが順次、災害状況・被災の程度に応じて開設されます。
  一覧表はこちらから
  
 救援場/避難所…近くの小・中学校に避難します。
 (地域の被災状況に応じて「救援場」が開設されます。)

 広域避難場所…被害がさらに拡大し、小・中学校にも危険が迫っている場合には、
  最寄りの「広域避難場所」に一時避難してください。
  近くの広域避難場所は実際に歩いて複数個所を確認しておきましょう。
  (避難地域は目安です。状況に応じて適切な場所へ避難しましょう。)
  一覧表はこちらから

      

 ・連絡方法  
 離ればなれになった時には、連絡をとる事が重要ですが
 携帯電話など通信がマヒして連絡が取れない事が想定されます。
 連絡方法や連絡先などについて話しあっておきましょう。

  災害伝言ダイヤル171(利用エリアに制限があります。)
  固定電話・携帯電話共に利用可能です。
  *登録方法
  @「171」へかける
  Aその後「1」をかけ電話番号を入力する
  B伝言を録音する
  約30秒の録音が可能で、その伝言は48時間保存されます。

  *再生方法
  @「171」へかける
  Aその後「2」をかけ被災地の方の電話番号を入力する

  災害伝言版
  携帯電話を利用した災害用伝言版です。
  *登録方法
  @携帯電話の接続サービスのトップページに表示される
   「災害用伝言版」を選択する
  A「登録」を選択して、現在の状況や伝言を登録する
  伝言の文字数制限がありますが、10件まで登録することが可能です。
  登録が可能なのは指定の被災地のみで、確認は全国からできます。

  *確認方法
  @携帯電話の接続サービスのトップページに表示される
   「災害用伝言版」を選択する
  A「確認」を選択して安否を確認したい人の携帯番号を入力し、
   「検索」ボタンを押す
  

  電話・携帯による連絡
  どこ・誰に連絡するか決めておきましょう。

  伝言・置書き
  伝言をどこに・何に残すか決めておきましょう。
  (布テープに油性ペンで伝言を書き込み、ドアに貼りつける等)


次回は「災害時の行動について」ご紹介致します。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
【関連する記事】
posted by アイスタイル at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯/防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190391404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。