2011年01月23日

レシピ-お餅@

今週からは「レシピ」です。

今月は、
気づけば冷蔵庫の中に残っていたりする
お餅」についてご紹介したいと思います。


お餅の歴史は古く
縄文時代の後期に稲作の伝来とともに
東南アジアから伝わったと考えられています。

お餅は以下の手順で作ります。

1.もち米を研いで、一晩水につけておく 。

2.ザルに上げ、蒸し器で蒸す。

3.蒸し上がったもち米を臼〔うす〕に入れ、杵を使って米をつぶし、水を加えて練る。

4.水を入れて硬さを調整(合取〔あいどり〕)しながら餅をつき、
 時々餅を返してまんべんなくつくと完成です。


臼と杵を使ってお餅をつくのは、中々重労働です。
お家で、お餅をつきたい方は、お餅つきの機会市販されているので
そちらを利用すると便利です。

お餅は、糖質やたんぱく質も多いですが、
栄養的に普通のごはんとの差はほとんどありません。

ですが、ごはんに対してお餅は
密度が高いので同量でのカロリーが高くなります
ご飯100gは約150キロカロリー
お餅100gは約240キロカロリーです!!
なんと1.5倍以上です。

お餅は、ご飯よりも甘味が強くて食べやすいので
ついつい食べ過ぎてしまいますが…
食べ過ぎると太ります。

お雑煮も食べて、ご飯も食べると
かなりのカロリーになりますので、
お正月太りの一因と言えるかもしれません…。

お餅のカロリーは覚えておく事をオススメします。

お餅は、蒸かしたもち米をついていますので、消化のよい食べ物
重要なエネルギー源になります。

少量で、多くのカロリーを取れるおもちは、
食べ方を上手にすればとても便利で有効な食品といえます。
保存も効くので、非常食として置いておくのもいいですね。


次回は「お餅を使ったレシピ」をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。



お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ



















【関連する記事】
posted by アイスタイル at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182089421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。