2010年10月29日

秋/冬のガーデニングC-3

今週は「コンテナガーデン」です。


今回は「管理の仕方」をご紹介致します。
コンテナガーデンを作ったら、長く楽しみたいですよね。

今回は、管理のポイントをご紹介致します。


*水やり 
 植物には水が必要ですが、必要以上に水を与えると、
 それが原因でダメになってしまう事があります。
 これから気温が下がって寒くなるとほとんどの植物は成長が止まり休眠期に入ります。
 休眠期の植物は、乾かし気味に管理しましょう
 また、冬の水遣りは根が凍るのを防ぐために、よく晴れた日の朝に行ってください
 寒くなりそうな日や、夜には避けましょう。
 

*肥料 
 肥料は原則として生育期に与えます
 休眠期には生長を停止しますので肥料を与えても植物は吸収しません。 
 鉢やプランターで栽培をしている場合は休眠期に肥料を与えると
 土中の肥料濃度が高くなり「肥料過剰」の状態になり植物に対して悪影響を与えます。
 気温の低い時期の肥料は控えましょう
 逆に、休眠期に入る前には肥料をしっかりあげて
 冬の寒さを乗り越えられるための栄養をしっかり蓄えられるようにしてあげましょう。


*日当り 
 冬は気温も下がりますが、日照時間も短くなります。
 コンテナガーデンは持ち運べるのがメリットなので、
 なるべく日当りの良い場所に置いて管理してあげてください。
 また、雪が降る等気温がぐっと下がる日には室内に入れてましょう。  


*その他  
 秋に植えた植物は、冬になるまで花を咲かせてくれます。
 お花を長く楽しむためには、花がらや黄色くなってしまった葉を取る事が大切です
 1週間に1回程度でいいので手入れしてあげてください。
 また、パンジーやビオラ等の秋と春にお花を楽しめるような植物は
 茎が伸びてしまっている場合には冬の内に1度刈り込んでおきましょう
 春になると新しい芽が伸びて来て、またお花を楽しめますよ。


フジバカマ.jpg 秋/冬の植物の管理は
 ・水をやり過ぎない
 ・肥料はやらない
 ・寒さから守る

 というのを頭に入れておくといいですよ。

 冬に間の庭は少し寂しくなりますが、
 春にはまたお花を咲かせてくれます。
 春を楽しみに、しっかり管理しましょう。


来月からは
冬のあったかメニュー」です。



素敵な週末をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif



ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ





 


【関連する記事】
posted by アイスタイル at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。