2010年09月13日

秋/冬のインテリアA-3

今週は「ライティング」です。


今回は…
オススメの設置位置」をご紹介致します。

癒しの空間を作ってくれる間接照明。
間接照明には、フロアスタンドやクリップライト、テーブルスタンドを用いるのが
一般的です。

●フロアスタンド/テーブルスタンド
お部屋の隅など、壁や天井が照らせる位置に置きましょう。
デザイン性の高いものなら、電気を消した時もお部屋のアクセントになります。

●クリップライト
3,000円程度で購入でき取りつけも簡単なので取り入れやすい間接照明です。
観葉植物の鉢のふちに光を上に向けて取りつけると、葉の影が壁に浮かび上がるので、
木漏れ日のような柔らかな光が得られます。
ただ、近すぎるとライトの熱で植物にダメージを与えてしまいますので、ある程度離し
ましょう。
また、テレビの裏側につけて後ろを照らすと輝度がゆるくなり、テレビを見ていても目が
疲れにくくなります。

●筒型の蛍光灯
ベットの下に置けばフットライト変わりになります。
また、ソファや本棚の後ろに取り付けて壁を照らすのも良いですよ。
蛍光灯のライトを使う場合には、光源が見えないようにしましょう。

間接照明を設置する時の注意点です。

・フロアライト等のある程度大きさのあるものを買う場合には、必ず採寸しましょう
  僅か1pが入らない…という事態もありえます。
・当たり前の事ですが、間接照明を使うにはコンセントが必要です。
  コンセントの位置、配線を確認しておきましょう
・照明器具は熱を持ちます。
  火事などにならないよう、配置には説明書などを参考に十分な空間を確保し、
  埃はまめに拭き取りましょう。

SN3J0647.jpg 
 間接照明を上手に使って
 空間を演出し、
 居心地の良いリラックスできる
 空間を作ってくださいね。

 
 次回からは…
 癒し効果の高い
 「アロマ
 についてです。



素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ↓↓
アイスタイル.gif



ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ


【関連する記事】
posted by アイスタイル at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162464068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。