2011年05月01日

季節のトリビア-5月@

5月1週目は「5月に関するトリビア」をご紹介致します。
今回は5月のイベントについてご紹介致します。

5月最初のイベントと言えば、5月5日のこどもの日(端午の節句)です。
ご家庭のベランダや庭先を始め、川に鯉のぼりを渡している地域も見かけますよね。
そこで今回は「こどもの日」の由来についてご紹介致します。


*端午の節句の起源
古代中国からの風習が起源と言われています。
「端午(たんご)」=「月の初めの午(うま)の日」を指していて
現在の様に5月に限った行事の事ではありませんでした。
●「五月」が十二支で言う「牛(うし)の月」であること
●「牛(ご)の日」が「五の日」に通じること
●奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)の日」でもあること
などから「午の月の端の牛の日」=「端午と言えば5月5日」を示すようになりました。

季節的に雨季を迎えるので病気や災厄のお祓いは大切な行事でした。
この季節に盛りを迎える植物で、香りが邪気を祓うとされている
菖蒲(しょうぶ)を使った菖蒲湯(しょうぶゆ)に浸かったり
蓬(よもぎ)で作った人形(ひとがた)を軒に飾ったりして邪気祓いをしていました。

*宮中から武家社会への拡がり
中国から伝わった厄祓い行事が、平安時代に「端午の節会(せちえ)」という宮中行事になり
やがて鎌倉時代には武家社会へと拡がって行きました。
武士は「菖蒲(しょうぶ)=尚武(しょうぶ)=武を尊ぶ」と掛け合わせ
5月5日を尚武の節目の行事として盛んに祝うようになります。

*庶民への拡がり
江戸時代になると、幕府が5月5日を重要な日として定め
大名や旗本が式服でお祝い品を携えて江戸城に出向くようになります。
当時は、男児の誕生が大変おめでたい事とされていたため
武家に男の子が生まれると門前に馬印(うましるし)幟(のぼり)を立てて
男児誕生を周囲に知らせてお祝いをしました。

これらの風習が、やがて裕福な家庭から庶民へと拡がります。
庶民は幟旗を立てる事が許されていなかったため鯉のぼりをあげるようになります。
やがて庶民は、鯉のぼりに加えて紙の兜(かぶと)や人形を作るようになり
武者人形などに発展していきました。

*子供の成長を願う「こどもの日」へ
男の子の厄祓いや成長を願う行事として定着していった端午の節句は
昭和23年に男女の別無く子供の成長を願う「こどもの日」として法律で定められました。


ゆうゆうと泳ぐ鯉のぼりのように、お子様の健やな成長をお祈り致します!!


次回も「5月に関するトリビア」をご紹介致します。


素敵な休日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のトリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。