2011年03月22日

レシピ-春野菜A

今月は「春野菜」を使ったレシピをご紹介致します。

店頭に並ぶ雑貨やお洋服などはもうすっかり春の趣ですね。
今回は春野菜を使って見た目と味で食卓に春をもたらすサラダを2種類ご紹介致します。


*菜の花と新じゃがいものミモザ*
菜の花と新じゃがのミモザ-1.jpg 【材料】
 菜の花…1束
 卵…1個
 新じゃがいも…中1個
 *ドレッシング*
 粒マスタード…大さじ1
 はちみつ…大さじ1
 酢…大さじ1
 塩…小さじ1/4
 こしょう…少々
 オリーブオイル…大さじ3










【作り方】
@固ゆで卵をつくる…卵は水から火にかけて沸騰後13分で火を止める。

A菜の花をゆでる…菜の花は根元約1センチを切り落として茎の部分に縦に切り込みを入れる。
菜の花が大きい場合は花と茎の部分を切り分けて茎の部分だけ切り込みを入れる。
塩を少々(分量外)入れたお湯で約1分ゆでてザルにあげる。
*ポイント*茎に切り込みを入れることで均一にゆであがり、ドレッシングも絡みやすくなる。

B新じゃがいもをゆでる…新じゃがいもはラップに包んで
電子レンジで3〜4分加熱して、皮を付けたままくし切りにする。

Cハニーマスタードドレッシングを作る…ボウルに粒マスタード・
はちみつ・酢・塩・こしょう・オリーブオイルを入れて混ぜる。

Dゆで卵を細かく刻む。(大きさはお好みで)

Eドレッシングに菜の花と新じゃがいもを加えて和える。

Fお皿に菜の花と新じゃがいもを盛り付けて刻んだゆで卵を振りかける。


*春キャベツの梅ドレッシング*
春キャベツの梅ドレッシング-1.jpg 【材料】
 キャベツ…160g
 梅干し…大2個
 塩…少々
 *ドレッシング*
 サラダ油…大さじ2
 酢…大さじ1/2
 しょうゆ…小さじ1
 練りワサビ…少々













【作り方】
@キャベツをゆでる…キャベツは一口大に切っり、たっぷりのお湯を沸かして塩ゆでする。
冷水に取ってザルにあげ、水気を切っておく。
*ポイント*キャベツは少し歯ごたえが残るくらいにゆであげる。

Aドレッシングを作る…梅干しの種を取り除いて包丁で細かくたたく。
ボウルにサラダ油・酢・しょうゆ・練りワサビを入れて梅干しと混ぜる。

Bゆでたキャベツを加えて和える。

次回も「春野菜を使ったレシピ」をご紹介致します。


素敵な1日をお過ごしください。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

春野菜@

今回からは「レシピ」をご紹介致します。

今月は「春野菜」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

春キャベツ・新じゃがいも・新タマネギ・アスパラガス・菜の花…
店頭には春野菜が揃ってきましたね。

春野菜と言えば、独特の風味や旨味が特徴です。
この風味を苦手に感じている方、あるいはこの風味がたまらないと思っている方、
それぞれいらっしゃると思います。
以前にもご紹介致しましたが、春野菜の持つ独特の風味は
冬に溜まった毒素を取り除いてくれるデトックス効果があります。
また、精神を落ち着かせてくれる効果もあります。

旬の食材は味も栄養素も一番高い時期ですので
積極的に食卓に並べて季節感と共に取り入れたいですね。


以前代表的な7種の春野菜についてご紹介しております。
《以前ご紹介した7種はこちら》
●菜の花 ●春キャベツ ●筍(たけのこ) ●新たまねぎ
●新じゃがいも ●そら豆   ●アスパラガス

次回から2回に渡って
●菜の花 ●新じゃがいも ●春キャベツ ●さやえんどう(絹さや)
を使ったレシピをご紹介致します。

今回は以前ご紹介していない
さやえんどう(絹さや)」についてご紹介致します。

●さやえんどう(絹さや)
さやえんどう(絹さや)は長さが5〜6センチメートルのうちに収穫して
実が入ったままの状態で食べる食材です。
品種や地域よって出荷時期が多少異なりますが
一般的に3月〜6月ごろが旬の野菜です。

*さやえんどう(絹さや)の栄養素*
さやえんどう(絹さや)は他の豆類に比べてビタミン類が豊富です。
免疫効果の高いビタミンC老化の抑制に効果的なカロテン
エネルギー代謝や疲労回復に効果的なビタミンB郡
整腸効果の期待できる食物繊維などを豊富に含んでいます。
また、うま味成分グルタミン酸を非常に多く含んでいます。
グルタミン酸には脳や神経の機能を活性化させる効果もあるのです。

*選び方*
・全体的に緑色が鮮やかで、さやにハリとツヤがある物
・ひげが白くピンとした物
・豆が極力小さくて板のように薄い物

上記のような物を選びましょう。

*保存方法*
乾燥しないようにキッチンペーパーなどで包んでからビニール袋に入れ
冷蔵庫の野菜室(5〜10度)で保存します。
1〜2日が目安ですので、なるべく早く食べきりましょう。


次回は「春野菜を使ったレシピ」をご紹介致します。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

防災対策-B

今週は「防災対策」についてご紹介しております。


災害が起こった時の避難生活などに必要な物を
事前に準備しておきたい気持ちはどなたにもありますよね。
しかし、何を揃えておいたらいいのか悩んだりして
準備できないままになっている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、事前に準備しておきたい「非常時の持ち出し品」についてご紹介致します。


・持ち出し品選択のポイント
非常時の持ち出し品をリストアップする時には、実際に災害が起こった時に
自力で生き延びるために何が必要なのか想像してみる事が大切です。
 *ライフラインが止まったら何が必要か
 *自分の身を守るものは何か
 *衛生面をどう守るのか
 *貴重品の保管場所は把握できているか
 *自分の生活に必要不可欠な物は何か

また、より多くの品を準備しておきたいところですが品数が多くなれば重量も重くなります。
実際に避難所まで持って歩けるかどうかがポイントとなります。
非常時に持てる重量の目安として男性15s・女性10sと
一般的に言われていますが体格や体力には個人差があります。
 *優先順位をつけましょう
 →自分に必要不可欠な物は何か、もう一度確認してみましょう
 *軽い素材や折り畳み式の物がないか確認しましょう
 →同じ用途でも、より軽い素材でコンパクトになる物を選びましょう
 *市販の非常用持ち出し袋を参考にしてみましょう
 →セット品を参考にすると一般的な最低限の必要品目が見えてきます


・リストアップしておきたいもの
家族構成や各個人によって必要な物は異なると思いますが
代表的な物をご紹介致します。
 *飲料水(1人1日3リットルと言われています)
 *食料品(すぐに食べられるもの)
 *貴重品(現金・通帳・印鑑・身分証など)
 *緊急連絡先などのアドレス帳
 *救急医療品
 *常備薬
 *懐中電灯(予備電池も忘れずに)
 *携帯ラジオ
 *作業用の軍手や革製の手袋
 *防塵マスク
 *マッチとろうそく
 *動きやすく丈夫な靴
 *衣類(下着やパーカーなど)
 *毛布
 *雨具(レインコートなど)
 *使い捨てカイロ
 *筆記用具
 *携帯用トイレ
 *ハンカチ/ミニタオル
 *ティッシュ/ウェットティッシュ
 *大小のポリ袋(少し多めに)
 *ビニールシート
 *ロープ
 *万能ナイフ
 *時計
 *ホイッスル(防犯ブザー)
 *広域避難地図

他、家族の常備薬・看護用品・おむつ・ミルク等
ご家族やご自身の状況に応じて必要品を準備しておきましょう。


非常時に一番怖いのは慌てて何も対処できないことです。
持ち出し品の準備が完了したらいつでも持ち出せる場所に置いて
家族と保管場所を共有しておきましょう。


来週からは「レシピ」です。


お部屋探しはアイスタイルへ
弊社HPへは、下記バナーをクリック↓↓
HP誘導バナー.jpg

ランキング参加中です↓
よろしければクリックをお願い致します。
広島ブログ
posted by アイスタイル at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯/防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。